下肢静脈瘤は治療で治せる時代|病気に立ち向かおう

病院

下半身の静脈のコブ

病院

血流の悪さが原因

人間の体では、心臓から動脈によって各部位に血液が送られてきます。そしてその血液は、各部位に栄養分を届けた後、静脈を流れることで再び心臓へと戻っていきます。下肢静脈瘤とは、下半身の静脈での血流が悪くなり、心臓へ戻ることのできなくなった血液がたまるという病気です。たまった血液によって、その部分はコブのように膨らむので、歩きにくくなる上に見た目における問題も生じます。心臓からは、動脈によってどんどん血液が送り込まれてくるので、このコブは膨らむ一方となります。そのため下肢静脈瘤は、早めに治療する必要があります。治療方法は複数ありますが、軽度の場合は、下半身全体を圧迫する着圧タイツを着用することで、改善していくことが可能です。

注射または手術で

ある程度進行した下肢静脈瘤の場合、注射または手術で治療することになります。前者は、具体的には静脈を硬くする硬化剤を注入するという治療方法です。硬化剤によって静脈内は完全に詰まり、血液はそこを流れることができなくなります。すると体は、自然に他の静脈を使って血液を心臓へと送り込むようになります。下肢静脈瘤が生じていた静脈は、不要なもの、つまり老廃物として体に処理されますし、それによってコブも消失するのです。手術による治療もやはり、静脈の機能を失わせるという方法でおこなわれます。具体的には、静脈内にレーザーファイバーを通し、その熱で静脈を内部から破壊するのです。いずれも、比較的手軽な上に、下肢静脈瘤を完治させることができる優れた治療方法として注目されています。

繁華街の病院の特徴とは

医者と患者

最近では、時間帯も様々で会社員などが利用しやすい昼休みや仕事帰りに診察しているところもあります。更に、予約不要のところもあり患者を待たせない工夫をしているので、緊急の際でも病院に行くことができるようになるでしょう。

Read More..

乳がんの早期発見の為に

困る人

乳がんは年々増加しており、12人に1人が生涯で罹ると言われ、今後も増えることが予想されます。しかし、乳がんは早期発見できれば完治率が高いがんなので、早期発見するために乳がん検診をきちんと受けるようにしましょう。

Read More..

大腸に起こる炎症性疾患

メンズ

潰瘍性大腸炎の治療方法は薬や手術があるので、症状がでているのなら受診してみるといいでしょう。また、原因はまだ特定できていませんが、腸によくないストレスや食習慣を改善することで、病気になりにくくすることは可能です。

Read More..