下肢静脈瘤は治療で治せる時代|病気に立ち向かおう

看護師

繁華街の病院の特徴とは

医者と患者

様々な診療科を併設

新宿にある内科病院はほとんどが駅のそばで徒歩0分と言うところもあります。また駅ビルの中や地下街を歩いていける病院もあります。そのため夏の暑い日や突然の雨などに影響されることもないので便利です。新宿の内科は消化器科や形成外科、皮膚科、婦人科などを併設している病院も多くなっています。全体で見ると内科だけの単独の病院は少ない傾向にあります。最近は小児科が減ってきているのでこれを併設している病院は貴重だと言えるでしょう。また小さな子供はアトピーなどのアレルギーを持つケースも増えています。そのため小児科だけでなく皮膚科も併設している病院もあります。さらに新宿では美容外科も併設して様々な整形を行っている内科もあります。

時間帯も便利

新宿の内科は病院によって治療時間も様々です。地方の病院では9時半から昼休みをはさんで6時頃までの治療時間が普通です。しかし新宿ではサラリーマンやOLが昼休みに治療できるように2時まで診察をしているところもあります。このような時間帯の病院はオフィスビルの中や近くにある場合に多いようです。また仕事帰りに利用できるように8時まで受付をしているところもあるのです。この場合病院の午後の診療時間は6時頃から始まることもあります。また土日や祝日なども診察をしている病院もあるので土日が休みの会社員や学生には好評です。最近の病院は予約が必要なところも多いのですが新宿には予約不要の病院もあります。またこの場合、患者をなるべく待たせないようなシステムを作っている病院もあります。